平成26年5月発行第41号

平成26年 第41号

マイマイガ騒動

昨年の夏、雪のように大群で押し寄せたマイマイガ!!

何が起きたのだー

と思いましたよね。 白い壁に張り付いたマイマイガ、夜の明かりに群がるマイマイガ、そしてその後には びっしり張り付いたマイマイガの卵の数々

時折聞こえる嫁と娘の「ギャーーーー!!」という叫び声!!

とにかく 「うぇー」 などと言いながらせっせと駆除をして、卵も取りのぞいたはずなのに・・・

4月も中頃から後半にかけて羽化の時期をむかえるのですよね・・・

まったく予想だにしなかったところにマイマイガの卵は残っていました。

日頃使わない傘を広げると傘の中に「ギャー」

じょうろの中にも「ギャー」 

見えにくいところにあるのですね。 

ドラッグストアーに駆け込むと レジ横の目立つところにガの殺虫剤コーナーが有りましたが、残りがわずか3!!

その一本をあわてて買ってジェット噴射の殺虫剤をかけまくりました。

今年も、きっとマイマイガが大量に発生するような気がしますね。

あー、憂鬱

高山祭り

4/15 嫁の妹夫婦と母親が岐阜からやってきました。

今年の高山祭りは天候に恵まれ、祭り日和でした。

妹夫婦は旦那さんも60歳を過ぎ気楽な日々を送っています。

ふらりと高山まで祭りを見に来ることが出来ます。

彼はノブちゃんといいます。

「よーし、高山に来たからには飛騨牛を食べよう」と言うことで、みんなで飛騨牛を食べ、ノブちゃんはご満悦で店を出ますと「お客さーん カメラお忘れですよ」と店員さんが、外まで追いかけて渡して下さいました。

「ありゃー高山の人は親切だねぇー」と軽口をたたいて陣屋前まで歩き、「からくり」がよく見える所に立ちますと回りは外国人ばかりで驚きました。 

欧米の方々はノリが良くて「オゥー!!」と言いながら、「からくり人形」がひっくり返るたびに拍手喝采で、私達も巻き込まれ 「イェーイ!ヒューヒュー!とノリノリで、楽しい気分になりました。

「さすが三ッ星の観光地」などといいながら駅前まで歩き、喫茶店で美味しいコーヒーをいただきました。

「楽しかったー!!」とノブちゃんご一行は、帰って行きましたが、1時間後電話がかかってきて

「喫茶店にカメラを忘れたー!という事、「またかー」と店に問い合わせると ちゃんと預ってあるとの事で。

一度ならず二度も同じものを忘れるノブちゃんのお話でした。

人の事は全然言えない今日この頃の私です・・・・決して笑えません。

「ほんと、安心安全な町だねー」

と妹夫婦には、お褒めの言葉をいただきました。

平成26年 第41号 高山祭