平成24年4月発行第33号

image_01 発行第33号

 

大河ドラマ

7年位前から、「大河ドラマはおもしろいなぁ・・・」と思って見ています。

新撰組!、義経、風林火山、篤姫、天地人、龍馬伝、江姫、平清盛 等

どれも良いのですが、強いてあげるとしたら私は龍馬伝が好きです。

毎週、わくわくして見ていました。

最近は見たい番組が少ないので、幸せなことです。

何れにしても、かっこよすぎる(福山雅治)龍馬は、世の女性の心を

わしづかみ でしたね。

少し、「イラッ」っとしていたのは私だけでしょうか?(^^ゞ

心に残るシーンは

1.龍馬が黒船を始めて見て度肝を抜かれ、筆で黒船の絵を描くのですが表現できず、何枚も何枚も描き続けるシーン

2.病気で危篤状態の父親を家族と共に桂浜に連れて行き 「家族皆で大きな船に乗って大海原に繰り出し、まだ見ぬ外国に行こう」 と語るシーン

3.長崎で、辛い身の上の芸者「お元」に 「男も女も自由で、上下の身分も無く 皆が笑いあって暮らせる世の中にしてやる」と話すシーン

4.岩崎弥太郎に「お前はいつからそんな大きな男になったんじゃ」と聞かれた時「わしはわしにできる事をやっただけじゃ」と語るシーン

など‥名シーンはまだまだありますが、思い出しますと今でも胸が熱くなります。(T_T)

平成24年4月発行第33号 龍馬  ←(このCDは、お薦めです)

今の大河も良いのですが 私はどうも 世の中がひっくり返って混乱していた幕末物や下剋上の戦国物が好きですね・・・

引越し

3月20日 大垣にいる娘の引越しを手伝ってきました。

私達家族は、岐阜にいたり、美濃加茂にいたりしていましたので、引越しは慣れているほうだと思います。

引越しのたびに決まって思うのは、捨てるものの多さです。

いかにいらない物と同居しているか、ゴミ袋の山を眺めながら実感しました。

これでやっと仕送りから解放されます。やれやれ

 平成24年4月発行第33号 掃除